TOP 大会結果 大会グランド情報 対戦結果報告フォーム 対戦期限延期申請フォーム 登録内容変更申請フォーム
大会記事バックナンバー 大会スケジュール 交流用掲示板 ベースボール・マガジン リンク集 お問い合わせ

春メジャーLG 関東大会 2部 A組 (E2A)

Update 2021/09/21
東京都/土曜グループ(2部)
順位 チーム名 勝点
Ave.
勝率 得点 失点 得失差 関東2部
順位
全国Ranking
(SABCランク)
1位 太平洋セメント 3.0 2 0 0 1.000 13 3 +10 6位
415位
2位 品川オレンジ 2.4 4 1 0 .800 34 14 +20 12位
263位
3位 レッドスター09 1.8 3 2 0 .600 19 13 +6 16位
551位
4位 戦極-SENGOKU- 1.5 1 1 0 .500 16 9 +7 18位
1023位
5位 GUARWAY 1.5 2 2 0 .500 11 14 -3 26位
1461位
6位 レッドスピリッツ 1.2 2 3 0 .400 10 20 -10 30位
796位
7位 ハシモトスペシャル 1.2 2 3 0 .400 12 26 -14 31位
1208位
8位 アイダブリュエス 0.0 0 4 0 .000 11 27 -16 44位
2724位
▲Page Top
このグループでは1位および2位の2チームが予選通過となります
※背景色付のチームは予選通過確定チームです
※「順位」→予選リーグE2A組内順位 [*ランク指標1]
※「関東2部順位」→関東2部ランキング内順位 [*ランク指標1]
※「全国ランキング(SABCランク)」→GBN全国ランキング順位(同ランキングに基づく指定ランク) [*ランク指標2]
[*ランク指標1] 勝点(平均)→勝率→得失差→失点(少)の順に適用 ≪不戦勝敗含む対象大会限定成績≫
[*ランク指標2] レーティング→試合数→勝率→得失差→失点(少)の順に適用 ≪不戦勝敗を除く通算成績≫

Update 2021/09/21
No. チーム名 vs 1 vs 2 vs 3 vs 4 vs 5 vs 6 vs 7 vs 8
1 戦極-SENGOKU- --- ○11-1 ●5-8
2 品川オレンジ --- ○11-1 ○5-3 ●3-10 ○10-0 ○5-0
3 アイダブリュエス ●1-11 --- ●2-4 ●5-6 ●3-6
4 レッドスター09 ●3-5 ○4-2 --- ●0-1 ○9-4 ○3-1
5 レッドスピリッツ ●1-11 ○6-5 ○1-0 --- ●1-2 ●1-2
6 太平洋セメント ○10-3 --- ○3-0
7 ハシモトスペシャル ●0-10 ○6-3 ●4-9 ○2-1 ●0-3 ---
8 GUARWAY ○8-5 ●0-5 ●1-3 ○2-1 ---
▲Page Top
※○:勝 ●:敗 △:引分 □:不戦勝 ■:不戦敗

Update 2021/09/21

[第1節][第2節][第3節][第4節][第5節][第6節][第7節]
・・・対戦終了カード ・・・期限延長承認カード ・・・保留カード

[ 第 1 節 ] 対戦期限: 11/29  延期期限: 対戦期限と同じ(※期限延長措置なし)
戦極-SENGOKU- - GUARWAY
立ち上がり、先発鈴木が連続ヒットと本塁打で3点先制されるも、その裏相手の四球とエラーが絡み同点に追い付く。同点に追い付いた守備で戦極の攻撃を鈴木が3人で抑え、流れを呼び込み裏の攻撃で永島の本塁打を含み5点を取る。3回途中から鈴木から佐藤(守)に継投し、3回・5回と1点ずつ取られるもなんとか守り抜き勝利を納めた。
『対戦ありがとうございました。』(戦極-SENGOKU-)
『グラウンドや審判のご手配ありがとうございました!強豪戦極さんとの初試合にとてもよい刺激をいただきました。またどうぞよろしくお願い致します。』(GUARWAY)
品川オレンジ - レッドスター09
オレンジは初回に尾高の先頭打者ホームランと長谷川のタイムリーで2点先制。さらに尾高、森のホームランと長谷川のタイムリーで1点ずつ追加。レッドスターの反撃を先発岡田が3点に抑えオレンジが勝利。
『グランドの手配、審判の手配、ありがとうございました。また機会がありましたらぜひよろしくお願いいたします。』(品川オレンジ)
『対戦ありがとうございました。素晴らしい打撃陣でした。』(レッドスター09)
アイダブリュエス - 太平洋セメント
ハシモトスペシャル - レッドスピリッツ
序盤両チームともランナー出るも無得点が続く。4回にエラーが絡みRSが1点奪う。6回タイムリーとパスボールでHSが2点取り逆転。そのまま裏の回を抑えHSが勝利。
『対戦ありがとうございました。序盤から非常に緊張感がり、締まった良いゲームでございました。またの対戦を何卒宜しくお願い致します。』(ハシモトスペシャル)
『遠征いただいての対戦ありがとうございました。次の機会にも宜しくお願いいたします。』(レッドスピリッツ)

[ 第 2 節 ] 対戦期限: 11/29  延期期限: 対戦期限と同じ(※期限延長措置なし)
戦極-SENGOKU- - レッドスター09
品川オレンジ - GUARWAY
オレンジは初回に2ランホームランで2点先制。その後、投手戦となり両チーム0行進。しかし、オレンジは6回裏に、3点奪いリードを広げ、最終回までGUARWAYの強力打線を抑え勝利。
『暑い中の対戦、ありがとうございました。また機会がありましたら、ぜひ対戦よろしくお願いいたします。』(品川オレンジ)
『ありがとうございました!』(GUARWAY)
アイダブリュエス - レッドスピリッツ
先攻のIWSが初回、4番マツモト選手のタイムリーで1点を先制。RSも3回、死球の走者を2人おいて森田選手のタイムリーで同点に追いつくと、林選手の2点タイムリーが飛び出し逆転に成功。しかしIWSも4回に無死満塁からクズミ選手の2点タイムリーで同点に追いつき、エラー絡みで2点を勝ち越す。その裏RSも無死1・2塁から田中選手の三塁打で再び同点に追いつくと、バッテリーエラーで1点を勝ち越す。その1点を先発・林投手が守り切り、RSがシーソーゲームを制した。
『今回も接戦でしたね。次回の対戦も楽しみにしています。』(アイダブリュエス)
『遠征いただいての対戦、ありがとうございました。逆転につぐ逆転の試合展開で、最後まで痺れました。また機会がありましたら、宜しくお願いいたします。』(レッドスピリッツ)
ハシモトスペシャル - 太平洋セメント
初回後攻の太平洋セメントが3点を先制。その後は両投手の好投と堅い守備で両チーム無得点が続き、そのまま太平洋セメントが逃げ切った。
『グランド・審判を手配頂きまして誠にありがとうございました。また機会がございましたら、是非宜しくお願い致します。』(ハシモトスペシャル)
『対戦ありがとうございます。また機会ありましたら是非よろしくお願い致します。』(太平洋セメント)

[ 第 3 節 ] 対戦期限: 11/29  延期期限: 対戦期限と同じ(※期限延長措置なし)
戦極-SENGOKU- - 太平洋セメント
品川オレンジ - レッドスピリッツ
アイダブリュエス - GUARWAY
ハシモトスペシャル - レッドスター09
終盤まで一進一退の攻防が続くも、なんとか粘りRSが勝利。
『この度は対戦ありがとうございました。また機会がございましたら宜しくお願い致します。』(ハシモトスペシャル)
『対戦ありがとうございました。中盤のピンチで畳み掛けられていたら危なかったです。またの対戦をよろしくお願いいたします。』(レッドスター09)

[ 第 4 節 ] 対戦期限: 11/29  延期期限: 対戦期限と同じ(※期限延長措置なし)
戦極-SENGOKU- - レッドスピリッツ
戦極先攻、レッドスピリッツ後攻で試合開始。戦極は初回から連打で先制。その後も毎回得点で5回には一挙9得点。戦極の先発木下は立ち上がりに1点を取られるも2回以降は相手打線を抑え、試合は15対1で戦極の勝利。
『グラウンド、審判手配ありがとうございました。また機会があれば対戦よろしくお願い致します!』(戦極-SENGOKU-)
『本日は遠征いただいての対戦ありがとうございました。完敗です。また機会がございましたら、宜しくお願いいたします。』(レッドスピリッツ)
品川オレンジ - 太平洋セメント
太平洋セメントが初回に先制し、その後追加点を加え3点差とするも、品川オレンジが2点本塁打で1点差となる。しかし、その後太平洋セメントが追加点を取り、太平洋セメントが勝利。
『真夏の河川敷での対戦、ありがとうございました。また機会がありましたら、よろしくお願いいたします。』(品川オレンジ)
『対戦ありがとうございました。また機会ありましたら是非お願い致します。』(太平洋セメント)
アイダブリュエス - レッドスター09
IWSは初回2点を先制するも、RSが3番新田の走者一掃のタイムリーなどで逆転し逃げ切った。
『締まった良い試合でした。ありがとうございました。』(アイダブリュエス)
『対戦ありがとうございました。またぜひよろしくお願いいたします。』(レッドスター09)
ハシモトスペシャル - GUARWAY

[ 第 5 節 ] 対戦期限: 11/29  延期期限: 対戦期限と同じ(※期限延長措置なし)
戦極-SENGOKU- - ハシモトスペシャル
品川オレンジ - アイダブリュエス
オレンジは2回に連打で3点先制、IWSはすぐにホームランで1点返す。しかし、オレンジもホームランなどで3回に6点、4回に5点奪い試合を決める。
『暑い中、対戦していただきましてありがとうございました。また機会がありましたら、ぜひよろしくお願いいたします。』(品川オレンジ)
太平洋セメント - レッドスター09
レッドスピリッツ - GUARWAY
先発鈴木が初回三者凡退で良い立ち上がりを見せ、2回の攻撃で、5番小池、6番佐藤の連続ヒットでチャンスを繋ぎ7番永島がヒットや相手のエラーで2点を先制する。鈴木は3回まで相手の打線を抑えるも、4回の先頭にホームランを打たれ1点を失う。5回に味方のエラーで無死満塁のピンチを背負うが、ホームゲッツーとセンターフライで無死満塁のピンチを抑える。6回から佐藤(守)が継投、結果2-1で勝利を納めた。
『本日は猛暑の中、遠征いただいての対戦ありがとうございました。また機会がございましたら、宜しくお願いいたします。』(レッドスピリッツ)
『レッドスピリッツさまグランドと審判の手配ありがとうございました。とても良い熱い試合でした。またよろしくお願い致します。』(GUARWAY)

[ 第 6 節 ] 対戦期限: 11/29  延期期限: 対戦期限と同じ(※期限延長措置なし)
戦極-SENGOKU- - アイダブリュエス
品川オレンジ - ハシモトスペシャル
オレンジは、初回に尾高の先頭打者ホームランで先制すると、その後打線がつながり、一気に9点奪う。ハシモトスペシャルも長打で反撃するが、オレンジが14-2で逃げ切り勝利。規定により、スコア10-0を採用。
『遠方からお越しいただきましてありがとうございました。今回はたまたま打線がつながりましたが、またの機会の対戦、よろしくお願いいたします。』(品川オレンジ)
『練習不足を痛感致しました。完敗でした。』(ハシモトスペシャル)
太平洋セメント - GUARWAY
レッドスピリッツ - レッドスター09
RS坂柳投手、RS09明石投手の先発でプレイボール。1回裏、RSがRS09明石投手の立ち上がりを攻め、一死1・3塁から4番森田選手のタイムリーツーベースで1点を先制する。一方のRS坂柳投手は5回を終え、出した走者は内野エラーの一人だけ。しかし6回、RS09が一死から中原選手、阿部選手の連続ヒットで1・2塁とすると、二死後内野エラーを誘い満塁と逆転のチャンスを掴む。しかしRS坂柳投手が三振で切り抜け、最終7回も三者凡退に抑え、虎の子の1点を守り切り完封勝利した。
『通算23回目の対戦、ありがとうございました。猛暑に負けないぐらい、熱い試合内容でした。また次回も宜しくお願いいたします。』(レッドスピリッツ)
『いつも対戦ありがとうございます。坂柳投手の素晴らしいピッチング、間違いなく今期対戦した中でNo.1ピッチャーでした。悔しいので、ぜひまた公式戦で再戦させてください!』(レッドスター09)

[ 第 7 節 ] 対戦期限: 11/29  延期期限: 対戦期限と同じ(※期限延長措置なし)
戦極-SENGOKU- - 品川オレンジ
アイダブリュエス - ハシモトスペシャル
1回表IWSが2点を先制。その裏、HSがホームランを含む連打で5点を取り逆転。その後両チーム1点ずつ取るも、HSがそのまま逃げ切り6-3で勝利。
『暑い中、ありがとうございました。次回の対戦も楽しみにしています。』(アイダブリュエス)
『雨で中々試合が出来なかったですが、ようやく出来て良かったです。暑い中、お越し頂きまして誠にありがとうございました。』(ハシモトスペシャル)
レッドスピリッツ - 太平洋セメント
レッドスター09 - GUARWAY
初回RSは4番新田のタイムリーなどで2点先制。中盤GUARWAYは代打選手の特大のレフトオーバーで1点返すも、そのままRSが逃げ切った。
『対戦ありがとうございました!チームマナーもよく対戦していて気持ちよかったです。またの機会を楽しみにしております。』(レッドスター09)
『グラウンド、審判のご手配ありがとうございました。またの対戦を楽しみにしております。』(GUARWAY)
▲Page Top

Copyright(c)GBN Commission All rigthts reserved.
当サイトに掲載される全内容の無断使用・無断転載を禁止します。