TOP 大会結果 大会グランド情報 対戦結果報告フォーム 対戦期限延期申請フォーム 登録内容変更申請フォーム
大会記事バックナンバー 大会スケジュール 交流用掲示板 ベースボール・マガジン リンク集 お問い合わせ
〜目指せ!ドーム決戦!〜 翌年度ドーム最速枠が狙える予選ステージ「秋メジャーLG」(秋季大会メジャークラス/予選リーグ)は関東・中部・関西・九州にて開催されるレベル別選手権リーグ大会です
要項一式
| | | |

Update 2019.12.11
・大会開幕、予選リーグ組合せが発表されました(→こちら
・全カード対戦開始
  1st Period(第1節〜第4節): 12/31まで(雨天流失時のみ翌年4/15迄の期限延長措置あり)
  2nd Period(第5節〜第7節): 翌年4/15まで(期限延長措置なし)
・最終追加募集は終了しました
[12/4] 6回裏に試合を決定付ける3点三塁打を放ったJRフェニックス1番・石田 JR東海関西フェニックス終盤怒涛の猛攻で2勝目、石田が決着の3点三塁打
[10/23] 3安打無失点に抑えて完封勝利したカサカサボーイズ先発・渡邉投手 先発・渡邉3安打シャットアウト、初出場カサカサボーイズが開幕2連勝飾る
[9/2] 2019秋季予選リーグLG開幕・組合せ一斉発表
2019/12/08
E2CChuyans 5-3 韋駄天E2CBLACK JACK 3-3 Chuyans

2019/12/07
E1Aプリテンダーズ 8-1 Blue ImpulseE1BATARAXIA 5-4 マリナーズE2A太平洋セメント 1-7 Tokyo RE2B赤坂フォアハンズ 6-3 関東マッスルズE2B住金物産 4-7 アロハW1AKNIGHT STARS 0-10 ヤンチャーズW1Aアルフォート 4-7 JRフェニックスW2Aバッカーズ 0-6 LINE UPW2Bブルーファルコンズ 5-1 SPIRITSK1Aキャリアコンサルティング九州 12-13 ピーシャ

E1A 1位 プリテンダーズ 2位 風船会FARAWAYS
E1B 1位 Grandslam 2位 ATARAXIA
E1C 1位 GORILLA CB 2位 グレイトシャークス

E2A 1位 BLUES 2位 Tokyo R
E2B 1位 HADES 2位 レッドスター09
E2C 1位 カサカサボーイズ 2位 初森べマーズ
E2D 1位 情熱チキン 2位 GRADE RIZE 2nd

E3A 1位 東京Jスコーピオンズ 2位 D-Minors
E3B 1位 シチズン野球クラブ 2位 J-KIDS



C1A 1部1位 CHUDEN 2部1位 稲沢野球団



W1A 1位 JRフェニックス 2位 オレゴンズ
W1B 1位 角刈り 2位 大阪バカラナイン
W1C 1位 ダイアべティス 2位 RUSH

W2A 1位 ZIMA 2位 バッカーズ
W2B 1位 ブルーファルコンズ 2位 大阪府庁野球部



K1A 1位 ピーシャ 2位 キャリアコンサルティング九州


 ※いずれも予選全日程終了時点で最終FIX、それまではあくまで暫定候補リストとなります
 ※決勝ステージの組合せ指標となる「予選通過順位」とは異なります(「予選通過順位」は後出のランキングにより決定)


(E1A)東京都/ (E1B)東京都/ (E1C)東京都/
(E2A)東京都/ (E2B)東京都/ (E2C)東京都/ (E2D)東京都/
(E3A)東京都/ (E3B)東京都/




(C1A)愛知県/



(W1A)大阪府他/ (W1B)大阪府/ (W1C)大阪府他/
(W2A)大阪府/ (W2B)大阪府他/



(K1A)福岡県/





秋季大会メジャークラスLGでは、東西でレベル別に開催される「ドーム決戦」を目指します。さらに、東西各1部の「ドーム決戦」で優勝したチームは、引き続き「全国大会/GBN DOME FINAL」に進出し、日本一を目指します。(*1)
(参考) 過去「ドーム決戦」会場実績 (参考) 過去「全国大会」会場実績
【東】 東京ドーム 13回
西武ドーム 3回
ナゴヤドーム 2回
東京ドーム 6回
西武ドーム 1回
京セラドーム大阪 1回
ナゴヤドーム 3回
横浜スタジアム 1回
【西】 京セラドーム大阪 11回
ナゴヤドーム 5回
ヤフオクドーム 12回
(*1)2019秋メジャーLGは、2020ドーム決戦ならびに2020全国大会に繋がります


注目カードの試合会場に取材班がお邪魔します。取材した内容は、週明けに大会ホームページ上の大会記事「GBN REPORT」にて、プレー写真と共に掲載されます。


土曜希望チームは土曜グループ、日曜希望チームは日曜グループに完全に組分けます。従来のような曜日混合グループを作ることはありません。(*2)(*3)

また、関東は1部、2部、3部、関西は1部、2部の各レベル別グループに完全に組分けます。
従来のようなレベル混合グループを作ることはありません。(*2)(*3)

さらに、関東地区では都道府県別グループに完全に組分けます。
従来のような都道府県混合グループを作ることはありません。(*2)(*4)
(*2)最少催行数に満たない最終組(エントリー順で端数となった場合や、そもそもエントリー自体が少ない条件グループの場合)は開催しませんので、お早目にお申込み下さい
(*3)中部地区では曜日混合グループやレベル混合グループを作る場合があります
(*4)関東地区では東京都以外(埼玉県、神奈川県、千葉県、他)は原則1部限定開催となります(2部や3部の設定は原則ありません。2部や3部での出場を希望される場合は、東京都での出場をご検討下さい)


希望する部門(関東は1部〜3部、中部・関西は1部〜2部のいずれか)に自由にエントリーすることが出来ます。(あまりにレベル不相応な部門への出場はお断りします)

但し、以下制限により各部門のレベルを保護します。
前回実績に応じた入替制度により、昇降格が決まったチーム
昇降格先の部門へのエントリーを基本とします
(自主的に降格する場合は条件が付きます)
過去出場実績に応じて指定部門が決まっているチーム
指定部門へのエントリーを基本とします
(自主的に降格する場合は条件が付きます)
歴代ドーム決戦出場チーム
出場したことのあるドーム決戦より1つ上の部門へのエントリーを基本とします(自主的に降格する場合は条件が付きます)
自主的に降格した部門で予選突破しても、進出出来る決勝ステージの部門は「出場したことのあるドーム決戦より1つ上の部門」とします(*5)(*6)
初出場チーム
自由に部門を選べます(あまりにレベル不相応な部門への出場はお断りします)が、最も下の部門には審査を通過したチームしか出場出来ません
(*5)ドーム出場以降の予選ステージもしくは決勝ステージで「出場したことのあるドーム決戦より1つ上の部門」に通算3度(3季)出場すると、この制限はリセットされます
(*6)この予選グループでは、さらに次点のチーム(上位2位通過のグループの場合の3位チーム)にも決勝ステージ進出権が付与されます


各予選グループの1位と2位のチームを予選通過(メジャークラス決勝ステージ進出)とします。


同一人物による複数チームへの重複出場が可能です。(*7)

(例1)AチームにもBチームにも野手として出場する ⇒ OK
(例2)Aチームには投手で、Bチームには野手で出場する
⇒ OK
(例3)AチームにもBチームにも投手として出場する
⇒ ×
(*7)投手としての重複出場は出来ません(異なるチームにどちらも投手として出場することは出来ません。投手として出場出来るのは1チームのみ)


2Period制の採用により、最終期限間際に起こりがちな特定のチームへの試合集中負担を軽減します。












メジャークラス全体イメージ




メジャークラス全体図を拡大表示する




関東代表T-Fiveが遂に全国初制覇

T-Five東日本制覇、2年ぶり関東王座奪還

西日本優勝はFELLOW、初の全国大会へ




Copyright(c)GBN Commission All rigthts reserved.
当サイトに掲載される全内容の無断使用・無断転載を禁止します。