TOP 大会結果 大会グランド情報 対戦結果報告フォーム 対戦期限延期申請フォーム 登録内容変更申請フォーム
大会記事バックナンバー 大会スケジュール 交流用掲示板 ベースボール・マガジン リンク集 お問い合わせ
〜目指せ!ドーム決戦!〜 翌年度ドーム最速枠が狙える予選ステージ「秋メジャーLG」(秋季大会メジャークラス/予選リーグ)は関東・中部・関西・九州にて開催されるレベル別選手権リーグ大会です
要項一式
| | | |

Update 2019.4.23
・大会閉幕/予選最終成績発表(2018秋季決勝トーナメントスタートしました)
[3/27] 最終戦でノーヒットノーランを達成した大阪バカラナイン先発・浅田投手 浅田ノーノー満点快投、バカラナインが最終決戦制し予選突破勝ち取る
[12/19] 見事な完封勝利を挙げたヒーローズ先発・大野拓 先発・大野拓10奪三振で圧巻の完封勝利、ヒーローズが負けられない戦いにシビレ勝ち
[11/30] 2安打3打点と活躍した品川オレンジ1番・長谷川 長谷川が先頭HR含む2安打3打点の大暴れ、品川オレンジ五割復帰でいざ巻き返しへ
[11/21] 3回表に先制2点タイムリーを放ったMKトライアンフ3番・森野 待望復帰のMKトライアンフが、3番・森野の先制打で開幕2連勝
[10/30] 攻守に渡る活躍でチームの今季初勝利に貢献したヤンチャーズ・橋口監督 ヤンチャーズ待ちに待った今季初勝利、橋口監督自らが攻守でチームを勝利に導く
[10/16] 投打の活躍でチームの開幕戦勝利に貢献したハードライナーズ・高橋選手 ダメ押し打の高橋が2番手として窮地を救う好投、ハードライナーズ秋3年連続開幕白星
[10/3] 激しい雨の中を闘った東京ナチュラルズとアイダブリュエス 大型台風襲来目前の大雨も試合決行、乱打戦を制したのは東京ナチュラルズ
[9/3] 2018秋季予選リーグLG開幕・組合せ一斉発表
(※新着試合結果はありません)

E1A 1位 プリテンダーズ 2位 ハードライナーズ
E1B 1位 蒼天 2位 グレイトシャークス
E1C 1位 Rossowave 2位 ボギーズクラブ

E2A 1位 MKトライアンフ 2位 成城ソネッツ
E2B 1位 アイダブリュエス 2位 東京ナチュラルズ

E3A 1位 GENERAL 2位 アーネストシャルズ
E3B 1位 麻布ブルーウェーブ 2位 韋駄天



C1A 1部1位 GreenArmy 1部2位 MONSTA
2部1位 ブラックスパイダース



W1A 1位 サントリーフーズ 2位 アルフォート
W1B 1位 ダイキン淀川野球部 2位 east open sea

W2A 1位 LINE UP 2位 ZIMA
W2B 1位 LAZIOMA 2位 侍ナイン
W2C 1位 Samurai Bulldogs 2位 大阪バカラナイン


 ※いずれも予選全日程終了時点で最終FIX、それまではあくまで暫定候補リストとなります
 ※決勝ステージの組合せ指標となる「予選通過順位」とは異なります(「予選通過順位」は後出のランキングにより決定)


(E1A)東京都/ (E1B)東京都/ (E1C)千葉県/
(E2A)東京都/ (E2B)東京都/
(E3A)東京都/ (E3B)東京都/




(C1A)愛知県/



(W1A)大阪府他/ (W1B)大阪府他/
(W2A)大阪府/ (W2B)大阪府他/ (W2C)大阪府他/





秋季大会メジャークラスLGでは、東西でレベル別に開催される「ドーム決戦」を目指します。さらに、東西各1部の「ドーム決戦」で優勝したチームは、引き続き「全国大会/GBN DOME FINAL」に進出し、日本一を目指します。(*1)
(参考) 過去「ドーム決戦」会場実績 (参考) 過去「全国大会」会場実績
【東】 東京ドーム 12回
西武ドーム 3回
ナゴヤドーム 2回
東京ドーム 6回
西武ドーム 1回
京セラドーム大阪 1回
ナゴヤドーム 3回
横浜スタジアム 1回
【西】 京セラドーム大阪 11回
ナゴヤドーム 5回
ヤフオクドーム 12回
(*1)2018秋メジャーLGは、2019ドーム決戦ならびに2019全国大会に繋がります


毎週、全国どこかしらの試合会場に取材班がお邪魔します。取材した内容は、週明けに大会ホームページ上の大会記事「GBN REPORT」にて、プレー写真と共に掲載されます。(*2)
(*2)取材カードが雨天等により中止となる場合もあります


土曜希望チームは土曜グループ、日曜希望チームは日曜グループに完全に組分けます。従来のような曜日混合グループを作ることはありません。(*3)(*4)

また、関東は1部、2部、3部、関西は1部、2部の各レベル別グループに完全に組分けます。
従来のようなレベル混合グループを作ることはありません。(*3)(*4)

さらに、関東地区では都道府県別グループに完全に組分けます。
従来のような都道府県混合グループを作ることはありません。(*3)(*5)
(*3)最少催行数に満たない最終組(エントリー順で端数となった場合や、そもそもエントリー自体が少ない条件グループの場合)は開催しませんので、お早目にお申込み下さい
(*4)中部地区では曜日混合グループやレベル混合グループを作る場合があります
(*5)関東地区では東京都以外(埼玉県、神奈川県、千葉県、他)は原則1部限定開催となります(2部や3部の設定は原則ありません。2部や3部での出場を希望される場合は、東京都での出場をご検討下さい)


希望する部門(関東は1部〜3部、中部・関西は1部〜2部のいずれか)に自由にエントリーすることが出来ます。(あまりにレベル不相応な部門への出場はお断りします)

但し、以下制限により各部門のレベルを保護します。
前回実績に応じた入替制度により、昇降格が決まったチーム
昇降格先の部門へのエントリーを基本とします
(自主的に降格する場合は条件が付きます)
過去出場実績に応じて指定部門が決まっているチーム
指定部門へのエントリーを基本とします
(自主的に降格する場合は条件が付きます)
歴代ドーム決戦出場チーム
出場したことのあるドーム決戦より1つ上の部門へのエントリーを基本とします(自主的に降格する場合は条件が付きます)
自主的に降格した部門で予選突破しても、進出出来る決勝ステージの部門は「出場したことのあるドーム決戦より1つ上の部門」とします(*5)
初出場チーム
自由に部門を選べます(あまりにレベル不相応な部門への出場はお断りします)が、予選突破した際に進出出来る決勝ステージの部門は「1部」とします(*6)
(*5)ドーム出場以降の予選ステージもしくは決勝ステージで「出場したことのあるドーム決戦より1つ上の部門」に通算3度(3季)出場すると、この制限はリセットされます
(*6)2年目からは出場した部門と同じ部門の決勝ステージへ進出出来ます


各予選グループの1位と2位のチームを予選通過(メジャークラス決勝ステージ進出)とします。


同一人物による複数チームへの重複出場が可能です。(*7)

(例1)AチームにもBチームにも野手として出場する ⇒ OK
(例2)Aチームには投手で、Bチームには野手で出場する
⇒ OK
(例3)AチームにもBチームにも投手として出場する
⇒ ×
(*7)投手としての重複出場は出来ません(投手として出場出来るのは1チームのみ)













メジャークラス全体イメージ




メジャークラス全体図を拡大表示する





中部代表・ジュネスが2年連続日本一(全国大会2連覇)



GBN日本全国無料チーム登録受付中
【PR】 GBN日本全国無料チーム登録受付中

Copyright(c)GBN Commission All rigthts reserved.
当サイトに掲載される全内容の無断使用・無断転載を禁止します。