TOP 大会結果 大会グランド情報 対戦結果報告フォーム 対戦期限延期申請フォーム 登録内容変更申請フォーム
大会記事バックナンバー 大会スケジュール 交流用掲示板 ベースボール・マガジン リンク集 お問い合わせ

GBN日本全国無料チーム登録受付中
【PR】 GBN日本全国無料チーム登録受付中
秋メジャーLG 関東大会 2部 B組 (E2B)

Update 2021/07/24
東京都/土曜グループ(2部)
順位 チーム名 勝点
Ave.
勝率 得点 失点 得失差 関東2部
順位
全国Ranking
(SABCランク)
1位 マジェスティーズ 2.5 5 1 0 .833 18 8 +10 6位
563位
2位 オリオールズ2020 1.8 4 2 0 .667 25 21 +4 11位
289位
3位 日鉄物産 1.7 3 2 1 .500 18 16 +2 16位
1221位
4位 アロハ 1.5 3 3 0 .500 23 19 +4 17位
843位
5位 MKトライアンフ 1.5 3 3 0 .500 26 23 +3 19位
333位
6位 Grandslam 1.0 2 4 0 .333 11 21 -10 24位
2418位
7位 HADES 0.2 0 5 1 .000 8 21 -13 33位
2160位
▲Page Top
このグループでは1位および2位の2チームが予選通過となります
※背景色付のチームは予選通過確定チームです
※「順位」→予選リーグE2B組内順位 [*ランク指標1]
※「関東2部順位」→関東2部ランキング内順位 [*ランク指標1]
※「全国ランキング(SABCランク)」→GBN全国ランキング順位(同ランキングに基づく指定ランク) [*ランク指標2]
[*ランク指標1] 勝点(平均)→勝率→得失差→失点(少)の順に適用 ≪不戦勝敗含む対象大会限定成績≫
[*ランク指標2] レーティング→試合数→勝率→得失差→失点(少)の順に適用 ≪不戦勝敗を除く通算成績≫

Update 2021/07/24
No. チーム名 vs 1 vs 2 vs 3 vs 4 vs 5 vs 6 vs 7
1 マジェスティーズ --- □不戦 ○4-2 ○1-0 ○3-0 ●2-4 ○4-2
2 オリオールズ2020 ■不戦 --- ●2-6 ○7-3 ○6-1 ○5-3 ○5-4
3 アロハ ●2-4 ○6-2 --- ○1-0 ●3-4 ●3-5 ○8-4
4 HADES ●0-1 ●3-7 ●0-1 --- ●2-4 △2-2 ●1-6
5 Grandslam ●0-3 ●1-6 ○4-3 ○4-2 --- ●0-1 ●2-6
6 日鉄物産 ○4-2 ●3-5 ○5-3 △2-2 ○1-0 --- ●3-4
7 MKトライアンフ ●2-4 ●4-5 ●4-8 ○6-1 ○6-2 ○4-3 ---
▲Page Top
※○:勝 ●:敗 △:引分 □:不戦勝 ■:不戦敗

Update 2021/07/24

[第1節][第2節][第3節][第4節][第5節][第6節][第7節]
・・・対戦終了カード ・・・期限延長承認カード ・・・保留カード

[ 第 1 節 ] 対戦期限: 7/26  延期期限: 対戦期限と同じ(※期限延長措置なし)
オリオールズ2020 - HADES
オリオールズ2020は初回に1アウト満塁から和泉のタイムリーなどで一挙4点。続く2回も四球と足を絡めて加点して7-0とリードを広げる。HADESは最終回に四球、長打で3点を返すがオリオールズ2020が逃げ切った。
『グラウンド、審判ご手配ありがとうございました。』(オリオールズ2020)
『遠征いただきありがとうございました。また機会があれば対戦お願いします。』(HADES)
アロハ - 日鉄物産
前半は投手戦。3回表、日鉄物産のエラーも絡みアロハ様が2点を先制。4回表にもアロハ様のタイムリーで1点を追加(0-3)。4回裏、2アウトランナーなしから日鉄物産がフォアボールでランナーを出してから、5点を取り逆転。5回表アロハの攻撃を0点に抑えてゲームセット。
『野球はツーアウトから、を痛感した試合でした。。またお手合わせよろしくお願いいたします。諸々ご手配もありがとうございました。』(アロハ)
『対戦ありがとうございました。2アウトからの得点のケースが多く、粘り強い野球を学ばさせて頂きました。ここ数年対戦させて頂いておりますが、また対戦の機会がありましたら、よろしくお願いいたします。』(日鉄物産)
MKトライアンフ - Grandslam
序盤は、点を取り合う互角の展開。4回にチャンスを作り、3点を追加。そのまま突き放しトライアンフが勝利。
『対戦ありがとうございました。また機会あれば、よろしくお願いいたします』(MKトライアンフ)

[ 第 2 節 ] 対戦期限: 7/26  延期期限: 対戦期限と同じ(※期限延長措置なし)
マジェスティーズ - HADES
両チーム合わせてヒットが1本という投手戦となった。MGは3回表にFBで出たランナーを2塁まで進めると、2番の江川がセンター前のタイムリーを放ち1-0。MG投手陣が継投しHADES打線を0安打に抑え込み試合終了となった。
『春に続き、対戦いただきありがとうございます。ロースコアでかなりしびれる内容の試合でした。グランドや審判の手配を含めて、ご準備いただき大変助かりました。また、対戦の機会がありましたら宜しくお願いします。』(マジェスティーズ)
『対戦ありがとうございました。素晴らしいピッチャー陣にきりきり舞いでした。またの対戦よろしくお願いします。』(HADES)
アロハ - Grandslam
初回にアロハが四球とヒット2本で1点を先制。2回にも四球とヒットに盗塁も絡ませ2点を追加。3回裏にグランドスラムが1点を返すが、ここから投手戦に。最終回にグランドスラムが粘りを見せ無死満塁とするが、続く打者が捕ゴロでホームゲッツーとなり万事休すと思えた。しかし、続く打者を死球で出し再び満塁としたところで高谷選手のレフトオーバー2塁打で走者一掃し一気に逆転とする。この回の攻撃終了時点で時間切れとなりグランドスラムが4−3で勝利しました。
『この度はご対戦ありがとうございました。最後は粘りきれず地力の差が出た形でした。。またのお手合わせよろしくお願いいたします。』(アロハ)
『グランドと審判の手配をありがとうございました。最後まで展開が読めない、締まった試合をありがとうございました。』(Grandslam)
MKトライアンフ - 日鉄物産
日鉄物産が2回にホームランで2点を先制。その裏、MKトライアンフは、内野ゴロで1点返す。さらに3回に2アウトかからチャンスを作り、2点タイムリーで逆転。その後、1点ずつ取り合うもMKトライアンフが逃げ切り勝利。
『グラウンド確保や審判手配ありがとうございました。また機会があれば、よろしくお願いします』(MKトライアンフ)
『30℃を越える真夏のコンディションの中、いい試合をさせていただき、ありがとうございました!また来季機会があれば対戦宜しくお願い致します。』(日鉄物産)

[ 第 3 節 ] 対戦期限: 7/26  延期期限: 対戦期限と同じ(※期限延長措置なし)
マジェスティーズ - 日鉄物産
序盤は1点ずつを取り合う互角のシーソーゲーム。最終的に、日鉄4番の2度の適時打等で4-2の僅差で決着。
『この度は対戦いただきありがとうございます。試合内容も締まった内容で、大変楽しくプレーをさせていただきました。グランド確保から審判の手配までありがとうございます。また是非とも対戦をお願いいたします。』(マジェスティーズ)
『対戦いただき、ありがとうございました!序盤先発の方の変化球、ナイスピッチングでした。また機会がございましたら、対戦お願いいたします。』(日鉄物産)
オリオールズ2020 - Grandslam
オリオールズ2020は初回に松本、2回に楢原の適時打で得点し試合を優位に進める。中盤にも加点をし、Grandslamの反撃を継投で凌ぎ勝利した。
『毎度対戦いただきありがとうございます。また次回もぜひよろしくお願いします。』(オリオールズ2020)
MKトライアンフ - HADES
初回、トライアンフがチャンスを作り2点先制。その後、HADES1点を返し緊迫した試合展開となる。5回に、トライアンフが満塁のチャンスを作り、4点追加し、勝利。
『グラウンド確保、審判手配等ありがとうございました。また、よろしくお願いします。』(MKトライアンフ)
『対戦ありがとうございました。あと1本が出ず、最後は突き放されてしまいました。またの対戦よろしくお願いします。』(HADES)

[ 第 4 節 ] 対戦期限: 7/26  延期期限: 対戦期限と同じ(※期限延長措置なし)
マジェスティーズ - Grandslam
MGは3回表に、1番高見澤のセーフティーと2番小笠原の2BHで、ランナーを2、3塁とすると、3番江川の右方向への鋭いタイムリーで2点を先制する。5回には2番小笠原選手のレフトへのHRも飛び出し3-0とした。
『この度は対戦いただきありがとうございます。強風の中、守備も難しい状況でしたが、チャンスを堅い守備で何度も阻まれてしまいました。グランド、審判の手配を含めまして円滑な試合運営をありがとうございます。』(マジェスティーズ)
オリオールズ2020 - 日鉄物産
初回にオリオールズ2020が1点先制も4回、日鉄物産が2アウトからタイムリーで同点に追いつく。追いつかれた5回、3番松本の本塁打などで一挙に4点追加。その裏2点を返されるがオリオールズ2020が逃げ切って勝利。
『二週に渡り対戦ありがとうございます。今後ともお付き合いお願いします。』(オリオールズ2020)
『2週連続となりましたが、ありがとうございました!また機会があればリベンジさせてください!』(日鉄物産)
アロハ - HADES
アロハは1回裏四球で出た走者を進めタイムリーで1点を先制。その後HADES、アロハともにチャンスをつくるも得点がなく試合終了となった。
『雨が予想される中、対戦ができてよかったです。また春予選でもよろしくお願いいたします。』(アロハ)
『審判・グラウンドの手配ありがとうございました。緊張感のある試合で楽しかったです。またの対戦よろしくお願いします』(HADES)

[ 第 5 節 ] 対戦期限: 7/26  延期期限: 対戦期限と同じ(※期限延長措置なし)
マジェスティーズ - MKトライアンフ
初回にMGの高見澤選手がRHRで先制する。3回小笠原選手が2塁エンドランからの好走塁でホームイン。4回にライトフェンス越えの石川選手のHRで4点目を決める。MKTもその裏に2点を返すが、MGが継投で逃げ切り勝利。
『この度は対戦いただきありがとうございます。メンバーの皆さん積極的なスイングで、幾度となくチャンスを作られるという展開にヒヤヒヤでした。アップ時間の確保や、色々とご配慮いただきありがとうございます。』(マジェスティーズ)
『グラウンド、審判手配等ありがとうございました!試合中には、ケガ人のサポート頂きありがとうございました。また対戦よろしくお願いいたします』(MKトライアンフ)
オリオールズ2020 - アロハ
両チーム先発が1回を0とし静かな立ち上がり。アロハは2回裏二死満塁から連打で4点を先制。オリオールズは5回表長短打で2点を返す。その後アロハは1点ずつ加点し逃げ切り試合終了となった。
『7年ぶりの対戦ありがとうございました。当時の頃のメンバーさんも残っていて懐かしく思いました。またこれを機会によろしくお願いします。。』(オリオールズ2020)
『この度はご対戦ありがとうございました。また別の機会でもお手合わせよろしくお願いいたします。』(アロハ)
日鉄物産 - HADES
ハーデスが初回に1点を先制するも、日鉄物産が5回に逆転。最終回に二死からハーデスが追いつき、引き分けとなった。
『グランド手配等有難うございました。緊張感のあるゲームの中、最終回のタイムリーヒットはナイスバッティングでした。また、機会があれば対戦お願い致します。』(日鉄物産)
『追いつくのが精一杯でした。またの対戦よろしくお願いします』(HADES)

[ 第 6 節 ] 対戦期限: 7/26  延期期限: 対戦期限と同じ(※期限延長措置なし)
マジェスティーズ - アロハ
初回、先頭打者の小舟選手の2BHを含めて、3つの2BHを絡めて3点を先制する。投げては、昨年GBN春で最終回2OUTから同点HRを打たれて涙をのんだ高見澤投手が、強力なALOHA打線を5回2失点に抑えリベンジを果たした。
『対戦いただきありがとうございます。いつも均衡した試合となり、今回もほぼ毎回ランナーを背負い苦しい展開でした。グランド/審判手配までスムーズに試合運営いただき感謝申し上げます。またGBN春も宜しくお願いします。』(マジェスティーズ)
『本日はダブルヘッダーでのご対戦ありがとうございました。また胸を貸してください! 春予選の対戦もよろしくお願いします!』(アロハ)
オリオールズ2020 - MKトライアンフ
両チームは初回に各4番打者の適時打で1点ずつを取り合う。品川オリオールズは4回に4本の長短打で4点を奪い逆転。MKトライアンフも最終回に粘って1点差まで詰め寄るが、最後は品川オリオールズが5-4で逃げ切った。
『4月の対戦がドーム決戦の都合でここまで延びて申し分けございませんでした。気持ちよく試合ができました事、御礼申し上げます。』(オリオールズ2020)
『グラウンドや審判手配ありがとうございました。チームの雰囲気もよく、負けましたが楽しく試合できました。また機会あれば、よろしくお願いします。』(MKトライアンフ)
Grandslam - HADES
初回にグランドスラムが4番のタイムリーで幸先よく1点を先制するが、その裏の攻撃でハーデスが3番打者のホームランで同点に追いつく。ハーデスが2回裏にも1点を加点してリードするが、今度はグランドスラムが4回表に億田のツーランで再逆転。その後6回にも1点を追加し、4−2で勝利しました。
『グランドと審判の手配をありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。』(Grandslam)
『対戦ありがとうございました。機会がありましたらまた対戦お願いします。』(HADES)

[ 第 7 節 ] 対戦期限: 7/26  延期期限: 対戦期限と同じ(※期限延長措置なし)
マジェスティーズ - オリオールズ2020
【判定4】グランド確保数差
『緊急事態宣言もあり、残念ながら対戦が実現しませんでしたが、色々と最後までご調整いただきありがとうございました。』(マジェスティーズ)
『諸事情で対戦できずに残念でした。』(オリオールズ2020)
アロハ - MKトライアンフ
MKトライアンフが先制するも2回までに3点を取り合う展開。アロハは3回裏に四球と失策の走者を置きタイムリーで勝ち越し、計5点を加える。すぐトライアンフは1点を返すもここで試合は決着となった。
『この度はご対戦ありがとうございました。また機会ありましたらお手合わせよろしくお願いいたします。』(アロハ)
『グラウンド確保、審判手配ありがとうございました。また、対戦よろしくお願いします。』(MKトライアンフ)
Grandslam - 日鉄物産
両チーム要所要所でランナーは出すも、打線が続かず、投手戦の展開が続いた。日鉄物産が3回に2番打者の適時打で先制したのがそのまま決勝点となった。
『素晴らしい投手陣に手も足も出ませんでした。また機会がありましたら練習試合等で対戦をお願い致します。』(Grandslam)
『極寒且つ降雨の中、試合ありがとうございました!また対戦できることを楽しみにしております。』(日鉄物産)
▲Page Top

Copyright(c)GBN Commission All rigthts reserved.
当サイトに掲載される全内容の無断使用・無断転載を禁止します。