TOP 大会結果 大会グランド情報 対戦結果報告フォーム 対戦期限延期申請フォーム 登録内容変更申請フォーム
大会記事バックナンバー 大会スケジュール 交流用掲示板 ベースボール・マガジン リンク集 お問い合わせ

秋メジャーLG 関東大会 2部 A組 (E2A)

Update 2021/04/07
東京都/土曜グループ(2部)
順位 チーム名 勝点
Ave.
勝率 得点 失点 得失差 関東2部
順位
全国Ranking
(SABCランク)
1位 GRADE RIZE 2nd 3.0 2 0 0 1.000 16 1 +15 1位
204位
2位 レッドスピリッツ 2.4 4 1 0 .800 33 16 +17 8位
371位
3位 東京Jスコーピオンズ 1.5 1 1 0 .500 14 7 +7 16位
1502位
4位 BLUES 1.5 2 2 0 .500 11 7 +4 20位
317位
5位 太平洋セメント 1.5 1 1 0 .500 3 3 ±0 21位
548位
6位 Official Ryukyu 1.0 1 2 0 .333 13 20 -7 25位
1703位
7位 アイダブリュエス 0.8 1 3 0 .250 9 31 -22 28位
2488位
8位 ケンウッド・パワーズ 0.0 0 2 0 .000 2 16 -14 34位
2728位
▲Page Top
このグループでは1位および2位の2チームが予選通過となります
※背景色付のチームは予選通過確定チームです
※「順位」→予選リーグE2A組内順位 [*ランク指標1]
※「関東2部順位」→関東2部ランキング内順位 [*ランク指標1]
※「全国ランキング(SABCランク)」→GBN全国ランキング順位(同ランキングに基づく指定ランク) [*ランク指標2]
[*ランク指標1] 勝点(平均)→勝率→得失差→失点(少)の順に適用 ≪不戦勝敗含む対象大会限定成績≫
[*ランク指標2] レーティング→試合数→勝率→得失差→失点(少)の順に適用 ≪不戦勝敗を除く通算成績≫

Update 2021/04/07
No. チーム名 vs 1 vs 2 vs 3 vs 4 vs 5 vs 6 vs 7 vs 8
1 BLUES --- ○6-0 ●1-3 ●0-4 ○4-0
2 Official Ryukyu --- ●5-10 ○7-4 ●1-6
3 アイダブリュエス ●0-6 --- ○9-5 ●0-10 ●0-10
4 太平洋セメント ○3-1 --- ●0-2
5 レッドスピリッツ ○4-0 ○10-5 ●5-9 ○2-0 --- ○12-2
6 東京Jスコーピオンズ ●4-7 ○10-0 ---
7 ケンウッド・パワーズ ●0-4 ●2-12 ---
8 GRADE RIZE 2nd ○6-1 ○10-0 ---
▲Page Top
※○:勝 ●:敗 △:引分 □:不戦勝 ■:不戦敗

Update 2021/04/07

[第1節][第2節][第3節][第4節][第5節][第6節][第7節]
・・・対戦終了カード ・・・期限延長承認カード ・・・保留カード

[ 第 1 節 ] 対戦期限: 5/31  延期期限: 対戦期限と同じ(※期限延長措置なし)
BLUES - GRADE RIZE 2nd
Official Ryukyu - 太平洋セメント
アイダブリュエス - 東京Jスコーピオンズ
先攻:IWS、後攻:スコーピオンズ2回スコーピオンズは、四球とエラーで満塁とし、3点を先制5回スコーピオンズは、9者連続出塁を生かし、一挙7点を奪いコールド勝ち
『このたびはありがとうございました。また対戦をお願いします。』(アイダブリュエス)
『遠征いただきありがとうございました。』(東京Jスコーピオンズ)
ケンウッド・パワーズ - レッドスピリッツ
RS林投手、KP西投手で開始された試合は、1回裏RSが八代選手の犠牲フライなどで3点を先制すると、2回には打者12人の猛攻で6点を奪う。一方のKPも3回、久保田選手と内藤選手のタイムリーで2点を返すが、その後RSが八代選手の本塁打と田中選手の走者一掃三塁打で12点目を奪った所でコールド勝ちが決定した。
『遠征していただき、誠にありがとうございました。また機会が御座いましたら、宜しくお願いいたします。』(レッドスピリッツ)

[ 第 2 節 ] 対戦期限: 5/31  延期期限: 対戦期限と同じ(※期限延長措置なし)
BLUES - 太平洋セメント
初回太平洋セメントが先制するも、3回にBLUESが同点に追いつく。両チームの投手の好投が続く中、太平洋セメントが4回に2点を追加し、リードを守りきった。
『試合ありがとうございました。また機会ありましたら是非とも宜しくお願い致します。』(太平洋セメント)
Official Ryukyu - GRADE RIZE 2nd
先発投手はGRは木村、OR桃原で試合開始。2回、盗塁でGR1点先制。3回、峯の本塁打等でGR3点追加。4回、ORの石川がライト方向に本塁打で1点。5回、峯のタイムリー等でGR2点追加。6対1でGRADE RIZE 2ndが勝利しました。
『投打ともに完敗でした。対戦ありがとうございました!』(Official Ryukyu)
『この度は有難うございます。また、よろしくお願いします。』(GRADE RIZE 2nd)
アイダブリュエス - レッドスピリッツ
初回、IWS打線がつながり3点を先制。その後も着実に加点し、レッドスピリッツを突き放す。
『グランドと審判を手配していただき、ありがとうございました。次回の対戦も楽しみにしています。』(アイダブリュエス)
『対戦ありがとうございました。また機会がございましたら、宜しくお願いいたします。』(レッドスピリッツ)
ケンウッド・パワーズ - 東京Jスコーピオンズ

[ 第 3 節 ] 対戦期限: 5/31  延期期限: 対戦期限と同じ(※期限延長措置なし)
BLUES - 東京Jスコーピオンズ
Official Ryukyu - レッドスピリッツ
Official Ryukyuが初回、與那原選手がヒットで出塁すると、快足を飛ばして2盗3盗を決め、バッテリーエラーの間に生還して1点を先制する。一方のRSは2回、1死3塁から村田選手の犠牲フライで同点に追いつくと、続く3回にも村田選手のタイムリーなどで3点を奪い勝ち越しに成功する。Official Ryukyuも5回、杉山選手の2塁打などで2点を返し1点差に詰め寄るが、RSも5回に八代選手の3点3塁打などで6点を奪い試合を決めた。
『この度は対戦いただきありがとうございました。また機会が御座いましたら、宜しくお願いいたします。』(レッドスピリッツ)
アイダブリュエス - GRADE RIZE 2nd
序盤はGR中本、IWS福谷投手の投手戦でした。4回、5回に北条、川崎のタイムリー等で得点を重ね10対0でGRの勝利しました。
『グランドと審判を手配していただき、ありがとうございました。次回の対戦を楽しみにしています。』(アイダブリュエス)
『この度は有難うございます。まだ宜しくお願いします。』(GRADE RIZE 2nd)
ケンウッド・パワーズ - 太平洋セメント

[ 第 4 節 ] 対戦期限: 5/31  延期期限: 対戦期限と同じ(※期限延長措置なし)
BLUES - レッドスピリッツ
序盤はBLUES小島投手、レッドスピリッツ小森投手の緊迫した投手戦。3回にBLUESが無死1・2塁と先にチャンスを作るも、小森投手が三者連続三振で切り抜ける。すると続く4回にレッドスピリッツが無死1・3塁から松井選手のタイムリーと内野ゴロの間に2点を先制。5回・6回にも1点ずつを追加したレッドスピリッツが、小森投手の3塁を踏ませない好投で完封勝利をおさめた。
『本日は遠征いただいての対戦ありがとうございました。最後まで気の抜けない試合でした。また次回も宜しくお願いいたします。』(レッドスピリッツ)
Official Ryukyu - 東京Jスコーピオンズ
先攻:Official Ryukyu、後攻:スコーピオンズ初回、先頭が2塁打で出塁し、スコーピオンズのミスにより1点先制4回には、2ランHRで更に引き離す。その裏、スコーピオンズは、鈴木の2塁打とスチールで1アウト3塁とし、3番泉田のライト前で1点を返す。続く4番小原の右中間を破る打球をセンターがダイビングキャッチのファインプレーで流れを切った。両チーム6回まで点の取り合いとなり、5−4Official Ryukyuが1点リードで迎えた最終回Official Ryukyuは、長短打で2点を取り、引き離す。
『遠征いただき有難うございました。完敗でした。』(東京Jスコーピオンズ)
アイダブリュエス - 太平洋セメント
ケンウッド・パワーズ - GRADE RIZE 2nd

[ 第 5 節 ] 対戦期限: 5/31  延期期限: 対戦期限と同じ(※期限延長措置なし)
BLUES - ケンウッド・パワーズ
BLUES小島、ケンウッドパワーズ西投手で試合開始。両投手の好投で投手戦に。3回裏、連続ヒットにミスが絡みBLUESが先制。その後もBLUESが1点ずつ点を重ねる。投げてはBLUES小島が無四球の好投により4-0でBLUESの勝利。
『対戦ありがとうございました。またお願いいたします。』(BLUES)
Official Ryukyu - アイダブリュエス
東京Jスコーピオンズ - 太平洋セメント
レッドスピリッツ - GRADE RIZE 2nd

[ 第 6 節 ] 対戦期限: 5/31  延期期限: 対戦期限と同じ(※期限延長措置なし)
BLUES - アイダブリュエス
先攻BLUES2回に相手投手の乱れをつき1点先制。その後も効果的に追加点を重ねる。IWSもランナー出すもあと1本でない苦しい展開。投げてはBLUES小島が3安打完封で開幕2連勝を飾る。
『対戦ありがとうございました。』(BLUES)
『グランドと審判をご手配いただき、ありがとうございました。また対戦をお願いします。』(アイダブリュエス)
Official Ryukyu - ケンウッド・パワーズ
東京Jスコーピオンズ - GRADE RIZE 2nd
レッドスピリッツ - 太平洋セメント
レッドスピリッツ田中投手、太平洋セメント今泉投手の投げ合いで始まった試合は2回、レッドスピリッツが椎名選手のタイムリーで1点を先制。一方の太平洋セメントも4回、先頭の菊池選手が右中間フェンス直撃の二塁打で出塁。しかし田中投手が後続を三者三振で抑える。すると5回にはその田中選手が三塁打を放ちレッドスピリッツが貴重な追加点。そのまま2点差を田中投手が守り切り完封勝利した。
『本日は対戦ありがとうございました。最後まで1点を争う緊迫した好ゲームでした。また次回も宜しくお願いいたします。』(レッドスピリッツ)

[ 第 7 節 ] 対戦期限: 5/31  延期期限: 対戦期限と同じ(※期限延長措置なし)
BLUES - Official Ryukyu
アイダブリュエス - ケンウッド・パワーズ
レッドスピリッツ - 東京Jスコーピオンズ
太平洋セメント - GRADE RIZE 2nd
▲Page Top

Copyright(c)GBN Commission All rigthts reserved.
当サイトに掲載される全内容の無断使用・無断転載を禁止します。