TOP 大会結果 大会グランド情報 対戦結果報告フォーム 対戦期限延期申請フォーム 登録内容変更申請フォーム
大会記事バックナンバー 大会スケジュール 交流用掲示板 ベースボール・マガジン リンク集 お問い合わせ




予選の基本日程が終わったこの時期に、敢えて掲載に踏み切ったのには訳がある。最後の最後に僅差で予選敗退に泣いた彼らを、それから日も浅いこのタイミングでまるでムチ打つかのように敢えて取り上げたのには、トーゼンそれなりの理由があるのである。ズバリ言おう、紛れもなく〝来期に懸ける特大級の期待の表れ〟である。


野球の楽しさに「魅了された」と、実に愛欲に満ちた(?)言葉を発した奈良代表が、ある日「こんな楽しいことに友達を巻き込まない訳には行かない」と考えた。この一見突飛な発想を機に、この愛の宣教師・奈良が主に中学・高校の同級生に布教しまくって、いや、声をかけまくって、チーム発足である。発足以来4年、結成当時から変わらぬ「チームワーク」を最大の武器としながら、今回初のGBN参戦で大いに名を馳せた様はもはや皆が知るところである。


心選手を聞いたところ、「まず攻撃面では」と始まり、そこから次から次へとわんさか名前が挙がって、もはや収拾不能の域に。愚鈍な小生にはここに誰をピックアップすれば良いのかどうにも判断付かず、敢え無く個々の紹介を断念させていただくことと相成った。多くのメンバーを誇らしげに挙げまくってくれた奈良代表には本当に申し訳ない限りだが、とにかく一つだけ言えることは、彼は全てのメンバーを、そしてチームを心から愛している。・・・・・やはり愛欲に満ち溢れた〝愛の宣教師〟である(!)


になるチームには、ズバリ、九州王者・上津役ライオンズの名を挙げた。「虎視眈々と勝ちを狙っている」とライオンズとの初対戦を楽しみにしていた彼らだが、予選通過を懸けた最後の大一番で激突、惜しくも一歩及ばず力負けを喫し、悔し涙を飲んだのはつい先月末のことである。しかし、これが彼らにとって至極の経験となったことは間違いなし。これを糧に更なる活躍をしてくれることを確信して止まない。


後に、素晴らしいチームであることを如実に物語る奈良代表の素晴らしいコメントを、心からの敬意を込めてそのまま載せる。「本大会に参加させていただき、とても感謝しています。リーグで一緒にさせていただいているチームも、とてもすばらしいチームばかりで、試合のたびに見習うことばかりです。今後とも大会を通じて、たくさんのチームの方々とお会いでき、TAXSも成長していきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。」

2009年 私設リーグ(4チーム制)優勝
2009年 私設トーナメント(8チーム制)優勝


(全国) 第852位 (九州1部) 第6位 (K1B) 第4位



大会トップへ英雄列伝トップへ


Copyright(c)GBN Commission All rigthts reserved.
当サイトに掲載される全内容の無断使用・無断転載を禁止します。