TOP 大会結果 大会グランド情報 対戦結果報告フォーム 対戦期限延期申請フォーム 登録内容変更申請フォーム
大会記事バックナンバー 大会スケジュール 交流用掲示板 ベースボール・マガジン リンク集 お問い合わせ
8年ぶりに関西2部優勝した関西代表・バッカーズと、中部2部初優勝を遂げた中部代表・それいけホーマーズとが、福岡PayPayドームに一堂に会して行われた2019年度西日本2部決勝戦。

試合は初回、それいけホーマーズ先発・児玉の不安定な立ち上がりに乗じ、2番・木川の安打などで無死一三塁としたバッカーズが、相手エラーなどでいきなり2点を先制する。

バッカーズ先発・泉森一は、初回を三者凡退に打ち取る見事な立ち上がりを魅せるも、4回表、途中から替わった4番・丹羽、5番・井口に連続安打を浴びるなど、それいけホーマーズの執念の反撃に遭って1点を失う。

児玉が2回以降本来の調子を取り戻し、打線もさらに勢いを増すそれいけホーマーズだったが、5回から替わったバッカーズ2番手・松尾を攻めあぐね、同点に追いつくことが出来ないまま試合終了。見事な接戦を2-1で競り勝った関西代表・バッカーズが西日本2部初優勝に輝いた。
バッカーズ先発・泉森一は初回を三者凡退に抑える素晴らしい立ち上がりを披露する 1回裏、2番・木川の安打などで無死一三塁としたバッカーズが、その後内野ゴロやエラーの間に2点を先制する
それいけホーマーズ先発・児玉は、初回に2点を失ったものの、2回以降は完全に復調し、最後までゼロに抑える素晴らしいピッチング 4回表、それいけホーマーズは途中から替わった4番・丹羽が一死から安打で出塁
同じく途中から替わった5番・井口がヒットで続き、その後内野ゴロの間に走者一人が返って、それいけホーマーズが1点差に詰め寄る 5回から替わったバッカーズ2番手・松尾が2イニングを見事に零に抑えて試合終了
#1・森下監督 談話:

『今日は必笑。エラーしても三振しても笑って行こうぜというテーマで臨んだ。ベンチの雰囲気は非常に良かった。それいけホーマーズさんは選手層が厚く打撃も僕達より打っており、恐らく3回4回やって1回しか勝てない相手だが、今日は投手を中心に守備で守り勝つ自分達の野球が出来て勝てたと思います。』
#18・泉森一投手 談話:

『凄く楽しかった。先に点を取ってくれたので、楽に投げることが出来た。結構良い当たりを打たれまくって、途中からリミッターが外れてしんどくなってしまったが、それでも思い通りのピッチングが出来たと思う。1部でも通用するピッチャーになりたいです。』
#19・木川主将 談話:

『優勝出来て嬉しい。正直勝てるかどうか分からない試合だったが、接戦で勝てたことは大きいと思う。うちはとにかく皆を明るくしてくれる森下監督を中心に、元気があって守り勝つ野球。もう一度ドームで試合が出来るように、皆でチーム一丸となって戦っていきます。』
#23・松尾選手 談話:

『率直に滅茶苦茶疲れた。バックを信じて思い切り投げた。マウンドが固かったが、投げ易かったので、いつも以上の球が投げられた。PayPayドームは思っていたより狭く感じた。また練習してドームに戻って来れるように頑張ります。』
#90・遠藤監督 談話:

『初回の四球が全て。前日呑み過ぎ。上村はファインプレーを連発したが、本来菊池並みなのに一番呑み過ぎ。今日も寝ていない。本当はもっと良いプレーが出来る筈。それでもうちは楽しく勝つ、雰囲気で勝つチーム。1部でドームに戻って来て勝ちたいと思います。』
#29・児玉投手 談話:

『今日はせっかくドームで投げられるので、思い切って全力で投げた。初回バタバタして2点取られてしまったが、その後は色々な人の声援もあって、落ち着いていつも通り投げることが出来た。もう一度ドームで試合をして、今度は勝てるように練習頑張ります。』
THE DECISION TOURNAMENT トップへ


Copyright(c)GBN Commission All rigthts reserved.
当サイトに掲載される全内容の無断使用・無断転載を禁止します。